読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

▽△▽△

有益さマイナス5億

【読書感想文】小野不由美『残穢』


「手元に置いておきたくない」
小野不由美の『残穢』を評した言葉だ。
山本周五郎賞を受賞したこの作品は、審査員の中で意見が割れたものの「とにかく怖い」という意見だけは一貫して一致していたという。

物語は主人公にあたるホラー作家の<私>が、読者から一通の手紙を受け取ったところから始まる。主人公はかつて自身の本のあとがきで、身の回りの怪談を教えて欲しいと読者に呼びかけていたことがあり、問題の手紙もそれに応えた内容だった。

「自宅であるマンションの和室から、畳を箒で掃くような音がする」

そんな些細な現象の原因を突き止めるため、主人公と手紙の送り主である久保は調査を始めることとなる。

この本の醍醐味は、背後からひたひたと這い寄ってくるような薄ら寒い恐怖だ。
物陰から急に何かが現れるわけでもない。調査中に誰かが変死を遂げるわけでもない。それなのに怖い。

やがて久保はとあることをきっかけに、音の正体は箒で掃く音ではなく、首を吊った女の着物の帯が畳を滑る音だと気づく。久保の住むマンションの部屋で、過去に首を吊った人間がいないか?というところから始まり、やがては調査の範囲はマンションの建っている地域全体に及ぶこととなる。
その過程で主人公たちは「穢れ」という概念に行き着く。人間が死ぬことによって生じる穢れがその土地に残り、また住む人間を介して他の土地や人間にも感染しているのではないか。

明治大正期にまでさかのぼる穢れの根源を突き止めたことでストーリーは終わりを迎える。突き止めただけで終わる。穢れの根源と壮絶な戦いを繰り広げたりもしない。

故に「本当にあった話ではないか?」という疑念がつきまとう。全部でなくとも、幾らかは本当の話が混じっているのではないか。もしそうなら、自分の住んでいる土地はどうなのか。
ルポタージュの文体がそれを助長させる。

この本の怖さは、遅効性の毒のようにじわじわと忍び寄る。
畳を擦るような音は聞こえないか。
逢魔ヶ時、薄暗い地面を這い回る黒い影は見えないか。
夜、ベットに入ったとき、枕の下から、床の下からブツブツ呟く声は聞こえないか。
自分の住んでいる土地に、穢れは残っていないか。
これからの人生のふとした隙間で思い出すのだろう。本棚に並ぶこの本を見るたびに。

これから一人暮らしを始めるすべての人に読んで欲しい。私だけが怖いのは嫌だ。

江戸川乱歩『孤島の鬼』の諸戸は不幸になるよりなかった

江戸川乱歩『孤島の鬼』が最の高 of 最高って感じだった。
どんな風に最高だったかというと、読了後に「ホモが嫌いな女の子なんていません!」と叫んだ。もちろんBLが苦手な女の子はいる。とても冷静な状態じゃなかったのだ。
いや、細かいことは置いといてとにかく最高だった。



というわけで、

▽Attention!
・今回は読書感想文というよりも腐女子としての私の絶叫ログで、
 ここは公式様とは一切関係はない非公式ブログです!
・全年齢対象ですが、畸形・白痴・片輪など今日の人権擁護の知見に照らして
 不当・不適切と思われる語句や表現があるので苦手な人はブラウザバックぷりーず!



自分で書いといて懐かしさで死にそう。

 

続きを読む

ブログ始めます

 

突然だけど、今の私の状況を説明したいと思います。

 

・私立大学文系学部4回生、授業は少なめ

・前年度に休学してて同期が卒業したためあまり学校に知り合いがいない

・一人暮らし、バイトしなくても餓死しないくらいの仕送りを貰ってる

・就活はしてるけど、そこまで熱心ではない

 

ありふれたスペックである。

そこにお酒が大好き(週7の飲酒習慣アリ)と引きこもり気質のスパイスが加わって下拵えは万全クズ大学生3分クッキング321キューっ!て感じだ。

同じクズでもバンドやってて女の子に養ってもらってるとか、セックスがライフワークでセフレでデッキ組めるとかならまだ話題にもできたけど、きっと私が堕ちるとするなら膨大な生活の空白が広がる虚無系クズである。酒の肴にもならない。

 

それと私は本当に自分でもびっくりするくらい記憶力がなくて、先週のこととかも頑張らないと何してたか思い出せないほどで。高校時代まで遡ると文化祭だとか大きいイベントのことは覚えてるけど、なんでもない日常のこととか、グループが違ったクラスメイトのこととか、そういう日々のことが人に言われても思い出せなかったりする。

 

だからなんとなく生活を記録したくてブログ書くことにしました。

面白かった本の話とか、美味しいご飯食べた話とかすると思うから「こいつ最近こんな感じで生きてんのか〜」って読んでくれると嬉しい。

とりあえず今は左手書きでボールペン字講座受講したいのと、白い蛇を飼いたいので叶ったらその経過とかも書いていきたいです。

 

でも帰宅後5秒でお酒飲んでこれを書いてるので、いつまで続くかもわからない。