▽△▽△

有益さマイナス5億

お酒の話を聞いてほしい

「お酒が好き」と人が言ったとき、あなたはどんなイメージをするでしょうか。

 

アルコールに強くてたくさん飲めるとか、飲み会でテンション上げるのが好きだとか。

 

社会人になってから知ったんですけど「お酒好きです」って言うと、イコールお酒が強いって思われて飲み会の席でめちゃくちゃ飲まされるんですよ。弊社のアルハラがやばいってのも、まあ大いにあるんですけど。

もちろんたくさん飲んでテンション上げるのも好きだけど、それだけじゃいなんだよなあってずっとモヤモヤしてたんですよね。

 

お酒ってひとことに言っても、その種類は無数にあります。

醸造酒と蒸留酒の基本的な製法の違いから、原材料の違い、ブランドや少しの風味の違いまで。

料理やファッションと同じでお酒もそれ単体としてあるんじゃなくて、その土地の気候・文化・政治とかの歴史の中で発達したもので、それを知ってるだけでただのハイボールを飲むのが格段に楽しくなるんですよ。

そういう文化的歴史的コンテクストも含めてのお酒が好きやなって。

 

例えばアブサンは原材料のニガヨモギに幻覚作用があるから、飲むと幻覚系ドラッグと同じ反応が出るんですね。今は法で規制されてるけど、昔はそうじゃなかったから芸術家とかがインスピレーションのためにこぞって飲んだりしてて、ゴッホもその1人。今でいうラッパーのマリファナみたいなもんです。

そんで一説によると彼がメンをヘラって耳を切り落とした原因のひとつに、アブサンの飲みすぎがあるとかないとか。

実際にオランダで売ってるアブサンには、ラベルにゴッホの自画像が使われてるのもあったりします。

そういうこと考えながらお酒飲むと、格段に楽しくなる気がしませんか。私は楽しい。

 

あと、お酒を楽しむには必ずしもお酒に強い体質でないといけないという訳ではないなあって。

好きな映画のことを考えながら映画モチーフのカクテルを飲んだり、そういう1杯を大事にするような飲み方も素敵だし、それも「お酒が好き」に入ると思ってる。

 

 

お酒って20歳になれば飲めるようにはなるけど、車の運転みたいに誰かが基礎から教えてくれるもんじゃないのも、お酒を嫌いになってしまう人がいる一因な気がするんですよね。もちろん体質的に絶対にNGな人もいるんですけど、なるべく多くの人が、自分に合った楽しみ方をできるならハッピーなのになあって。

でも本屋さんに行ってもお酒カテゴリーの書籍って「カクテル大全」「ワインのアロマ習得辞典」とか、ある程度お酒が好きで知識の(おまけに色々と楽しめるだけのお金も)ある人向けの専門性の高いものが多いんですよね。

 

だから20代とかの同世代がお酒を楽しめる入り口になるような本が作りたいです。

 

以上、アルコールに強くても弱くても、文化としてのお酒の楽しさが伝わるようなZINEが作りたいなっていう話でした。

熱意が冷めない内の忘備録も兼ねて。

もっとちゃんと勉強して今年中には出せるといいな。

引っ越しを7回した人間の、引っ越しの話

東京に来て1年が経った。

 

京都、イギリス、東京。

新しい土地に引っ越すのは3回目、引っ越し自体はなんだかんだ7回してる。

 

新しい土地に引っ越して、どこのスーパーはお魚が安いとか、電車の何両目に乗れば乗り換えはスムーズだとか、そういうググっても出てこないような些細な知識が増えていくのが楽しい。

最初は迷いまくってた新宿駅の地下をスイスイ歩けるようになったりした時は、とても楽しかった。

地下通路も、バスも、電車も、生活圏内への理解が深まって、自分の手足みたいになる感覚が大好き。

 

引っ越しって、引っ越したその日から生活がガラっと変るわけじゃない。

「あ〜〜お蕎麦食べたいな〜〜」って急に思っても、近所のお蕎麦屋さん1軒も知らなくてググったり歩いて探したり。そうやって自分の住んでる土地のことを知っていくと、前に住んでた場所との違いに気づいたり。そうやって少しずつ「引っ越したなあ」っていう実感が湧いてくる。

少なくとも私の場合は、こんな感じ。

 

 

東京って思ってたより広いから後何年かは絶対に飽きそうになくてワクワクする。

東京が予想よりも広かった話もまたしたいな。

友達の友達と友達になるの好きすぎて友達めっちゃ増える

最近これがまじで多くてハッピー。

 

友達と遊んだりすると何故か知らない人(友達の友達)がいることが多くて、結果的に友達になって、みんなで仲良くなるみたいな。

このパターンがクソほど多い。特に東京来てから。

 

よくよく考えれば、こうりょうもタカハラも最初は友達の友達くらいやったなあって思ったり。気づいてなかったけど、こうやって友達って増えていくんですね。楽しいなあ。

 

友達の友達とは仲良くなれて、そんで楽しく過ごせるってコンセプトが確実に脳にゴリ刻み込まれてる。

この思想が暴走するとヒッピーのコミューン創設みたいなところに行き着くのかなって。どうしようもない妄想してみたり。

 

おやすみ。

月曜日っていうか、火曜も水曜も木曜も金曜も嫌い

 

 

好きなのは土日だけで、指折り週末が近づくのを待ってる。

 

久々の日記です。

社会人になって8ヶ月ほど経つんですけど、早くも転職活動始めました。

 

学生の頃ってTHE俗世みたいなのが嫌いで、具体的に言えば意識高い系、何かにつけてモチベーションとか口にする系を蛇蝎の如く嫌ってたんですけど。

まあそういうのって大事やなって気づきました。

 

 

ソ連ナチスか忘れたけど、ひたすら穴を掘っては埋める拷問あるじゃないですか。目的もゴールもなく、でもサボったら鞭打ちされるから動くしかないみたいな。

私ね、今そんな感じ〜〜〜〜〜〜

もはや鳥貴族ではない

 

「あ、鳥貴族さま…」

 

一緒に帰路を歩いていた同期が俄かにそう呟いた。同期の視線の先には鳥貴族の黄色い看板。

 

彼は鳥貴族の素晴らしさにいたく感動していた。安い•美味いの最高のコスパ、何よりも無限にお代わりできるキャベツ。4月から一人暮らしを始めたばかりの新卒男性は値段を気にせず野菜を摂取できる場所として、鳥貴族をとても有難がっていた。野菜不足よる慢性的な腸内環境の悪化、それに伴うとどまるところを知らないオナラに頭を悩ませていたのだから、キャベツを無限に提供してくれる鳥貴族を崇めるのも無理はない。

 

かと言って私たちはもろ手を挙げて鳥貴族を誉めそやしている訳ではない。無限にキャベツをお代わりしているクセに「座席が全く移動できないと席の稼働率悪くない?」などとイッチョマエなことをほざいたりもする。時に憧れ賞賛し、時にディスる。愚かな民衆の常である。

 

しかし私もなんだかんだ言っても鳥貴族が大好きだ。重ねて書くが美味しいのに安い。

 

「鳥貴族さま…」

 

そう呟いた同期に私は続いた。

 

「貴族…いやもはや貴族ではない…王族…」

「王族…」

「鳥王族さま…」

 

早く初任給でないかなあ。とろろ焼き5皿くらい食べたいなあ。

デジタルの神さま

 

ここ最近、デジタル関連の厄がすさまじい。デジタルというか、電子機器が不幸に見舞われすぎている。

 

まず4月末に携帯をなくした。落とした30分後にFind iPhoneを試してみたけど捕捉できなかった。ほぼフルチャージだったので拾った誰かが電源を切ったのだと思う。魔都•新宿の片鱗に触れた気がした。大げさか。

遺失物届けを出しに行った交番で「落としたiPhoneの特徴は?」「"青春バカ"っていうステッカーが貼ってあります…」「なるほど"青春バカ"ですね(メモ)」っていうやりとりがクソほど恥ずかしかった。

しかし本当に恥ずかしいのは青春バカを恥ずかしく思う私の精神なのだ。青春に対する心を見つめ直す必要がある。悔い改めよ。何の話や。

 

GW初日は会社支給のsurfaceのキーボードが逝かれた。実家の芝犬(3歳15kg)が噛んだのだ。

お母さんに怒られてしばらくは大人しくしてたけど1時間後には私の足を甘噛みしてきた。反省ゼロ。かわいい。許した。

でも私はかわいい芝犬ではないので会社は許してくれない。同期内ブッチギリ最速での始末書デビューである。

 

そしてキーボードが犬に噛まれた陰でそっとiPod nanoも御臨終召された。こればっかりは本当に原因が分からない。ある瞬間にふっと電源が切れてそれっきりである。眠るように息を引き取った。

 

電子機器の神さまとかっているんですかね。秋葉原あたりだったら電子機器街ギルドの守護天使とか。無理ならシリコンバレーの方向に1日5回のお祈りを捧げるので。

おぎゃあ、んおぎゃあ

 

聞こえますか?私のゴールデンウィークの産声が。

 

社会人初のゴールデンウィークを惜しげもなく家族に注いでいるのですが、初っ端から実家の飼い犬に会社支給のsurfaceのキーボードを咬み殺されるというハプニングに見舞われています。なんで柴犬ってなんでも噛むん。よりにもよって会社支給のsurface

 

早々に始末書処女を捨てる事態になりそうなファッキン新卒ですが社会人生活自体は楽しいです。

人事部長について行って朝まで歌舞伎町を徘徊したり、休憩がてら会社の周りを散歩しながら近所のゲイアダルトグッズ専門店を覗き見たり、休みの日には餃子包みの精を出したり。

 

今月は5月病にならないことを目標に、とりあえずGW楽しみます。良いGWを。